令和2年から建築士法改正!何が変わるのか?二級建築士試験

令和2年に建築士法改正!何が変わるのか二級建築士試験と受験生の対策

令和2年から建築士法の改正があり一級や二級建築士試験が変わります。

何が変わって、受験生がどのように対応しなければいけないのか?まとめてみました。

建築士法の改正は何が変わったのか?

法改正は元々の法律の条文内容が難しいため理解するのが大変。今回は法律内容までは見ておらず、国土交通省の記事やデータを参照しました。

建築士法の一部を改正する法律(平成30年法律第93号)等について 建築士人材を継続的かつ安定的に確保するため、建築士試験の受験資格を改めること等により、建築士試験の受験機会が拡大されます。具体的には、令和2年から建築士試験を受験する際の要件となっている実務の経験について、免許登録の際の要件に改めることにより、原則として、試験の前後にかかわらず、免許登録の際までに積んでいればよいこととなりました。 また、改正建築士法の施行(令和2年3月1日)に併せ、実務経験の対象実務の拡大、学科試験免除の仕組みの見直し、建築士事務所の図書保存の見直し等を行いました。

参考サイト:国土交通省

国土交通省の記事より理解したことを箇条書きにしてみました。

建築士試験の変更点
  1. 受験資格の変更
  2. 学科免除の有効期間の延長
  3. 実務経験の対象拡大

これは二級建築士を受ける人にとってはチャンス拡大!

ウェブ太

受験生にとって負荷でなく、メリットだけなので安心しました。。。

国土交通省も言っている通り、建築士試験の受験機会の拡大です。よく読み込まないと理解できませんでしたが(汗)チャンス拡大なので良かったですw

文章より見やすい国土交通省のパンフレットPDFデータも確認できます。

法改正によって二級建築士試験は何が変わるのか?

国土交通省の記事やPDFデータよりピックアップした下記3点に絞って、詳細を確認していきます。

建築士試験の変更点
  1. 受験資格の変更
  2. 学科免除の有効期間の延長
  3. 実務経験の対象拡大

受験資格の変更点:「実務経験」が受験要件では無くなったこと

今までは「実務経験」は、受験資格(受験要件)として必要でした。つまり「実務経験」がなければ受験できません!という建築士試験でした。

それが免許登録要件に変わります。

変更点改正【前】改正【後】
実務経験受験要件免許登録要件
二級建築士試験の実務経験が免許登録要件になった法改正内容

上の画像は国土交通省のパンフレットのものですが、少し分かりづらい。。。

つまり「実務経験」は受験の際には必要なく、免許を登録する際に必要になったということです。試験に合格していおいて登録するまでに実務経験を積んでおいてね!ということなんですね。

ただしこの条件変更は、主に一級建築士に当てはまります。一級建築士は「実務経験」がなければ受験できなかったからです。

ウェブ太

二級建築士は実務経験が不要な場合や、実務経験のみの場合がありますので。。。

そもそも二級建築士は受験資格として下記のパターンがあります。

  • 実務経験が不要なパターン:所定の大学などを卒業
  • 実務経験のみ必要なパターン:7年以上の実務経験
二級建築士試験の実務経験の短縮の法改正内容

上記の実務経験のみのパターンは法改正後でも、受験要件として変わらずに必要とのことです。

ただ高校や中学校での実務経験が、3年から2年に短縮されています!

これは大きいメリットですよね。1年の差は大きいです。

学科免除の有効期間の延長

学科免除とは学科試験に合格すれば翌年と翌々年の2年の間は、学科試験を受験しないで製図試験が受験できるという制度です。

今までの学科免除の有効期間は3年でしたが、5年に延長されました。※合格した年を含む

二級建築士試験の学科免除の法改正内容

ただし延長された5年間すべて学科免除されるわけではないので要注意!

つまり合格した翌年の4年間まで毎回、学科免除ができるわけではありません。免除される回数は変わらず2回に制限されています(泣)

ウェブ太

ウ~ンここは年数だけでなく、回数も増やして欲しかった。。。
変更点改正【前】改正【後】
学科免除3年間で2回可能5年間で2回可能

事情があって合格した年の設計製図試験を受けていない人は、翌年から3回学科免除が可能のようです。

実務経験の対象拡大

対象の拡大部分は下記画像の赤文字部分となります。ちなみにこの実務経験の対象は、令和2年3月1日以降でないとカウントされないとのことです。

二級建築士試験の実務経験の対象拡大の法改正内容

画像がわかりづらいので国土交通省のパンフレットを参照ください。

建築士が単に設計や施工管理をするだけなく、建築物の総合的な専門家としての役割を求められているようです。

実務経験の対象が増えるのはよいことですが、その実務経験を審査する方法が厳格化されるという記載があります。

ウェブ太

受験での資格虚偽を防ぎ不正を減らすのは賛成ですが、実務審査が受験生の負担になることがないようにしてもらいたいです。

まとめ:二級建築士試験の受験生が注意すべき点はどこか?

以上お伝えしてきましたが、二級建築士試験だけで考えると、大きい影響がある法改正では無いように思えました。

とはいえ、3点のポイントはメリットだらけではあります。

建築士試験の変更点
  1. 受験資格の変更
  2. 学科免除の有効期間の延長
  3. 実務経験の対象拡大

学科免除がプラス4年に延長されたこと(2回免除は変わりませんが)、実務経験が登録免許要件になったこと、実務経験の対象拡大もすべてメリットです。

このメリットで受験する機会が増え、さらに受験生が増えたら嬉しいこと限りなしです!

二級建築士を受験するか迷われている方は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうかw